RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
<< リナックスの本を買う | main | 友人の顧問先と夜中まで話しをする >>
子供と多摩川へ魚釣りに行く
0
    中一の次男坊と何か夢中になるものを持てと話をする。
    今の子供は遊びを知らないのだろうか。ゲームとテレビに熱中するしか見たことない。私の子供だけだろうか。
    そうしたら、女房が公園では、ボール遊びはだめ、学校でもできないという。
    私が子供のころは、魚釣り、竹馬、ザリガニとり、魚の手づかみ、ベーゴマ、釘刺し遊び、ドッジボール、かくれんぼ、馬とび、鉄棒、三角ベース野球、すもぐり、サッカー、野球、バレーボール、おたまじゃくしとり、カエル、サワガニ、せみとり、バッタとりなどなどいくらでも遊べた。

    そういや、せみももういない。カブトムシもいない。田んぼや畑はなくなって30坪の小さな土地に住宅が並ぶ。

    そんなんで、魚釣りにつれてってと多摩川にいく。
    水が少ない。浅い。水は私が子供のころのようにずいぶんときれいになった。コイしか見えない。大きいのがいる。40センチくらいの大なまずがいた。これじゃ見えすぎてだめかなとも思ったが、釣りしたくをする。
    いまだに、こどもは仕掛けすらできない。
    娘の分とで3人分仕掛けをつくる。流れが強く、丸浮きにする。

    昔が湧水があちこちに沸いていて沼がいくつもあったが、公園になってしまっている。なにか建物を建てている。建てなきゃいいのにと思う。

    しばらく、竿をおろし釣る。全くダメ、見える魚は釣れないとはいうが、それは間違い。大きな見えるコイをよく釣ったものだ。
    ナマズの前にエサを置く。9尺なのでちょっととどきづらい。
    さそいをかけても、じっとしてしらんふりである。
    うまくタイミングよくさそいをかけ、くいついた。エサをみながらあわせた。かかった。けどはりがかりがあさかったため、バレタ。
    いたい思いをしたせいだろう、その後はいっこうに見向きもしない。
    次男坊もしばらく、やっていたが、あきらめた。
    うすくらくなるまでやったが坊主である。
    多摩川にきて、つれなっかたことは今までなかったが、残念。
    娘がやはりコイをばらした??らしく、最後までねばっていた。

    | お外で遊ぶ | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。