RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
<< 5/2(月)をお休みとする | main | インターネットは嫌いだ >>
さくらのブラシ
0
    柴犬さくらのブラシをする。この時期は毛が夏用に生え変わるので、ブラシをかけると毛がまうほど抜ける。
    ブラシが好きらしく、すりよってくる。右にむいたり、左を向いたり、お腹を出したり、30分くらいやる。

    メールはそういや珍しく4日ほど見ていない。それでも、PCの前にへばりついて、連休中の目標をやっている。左目が腫れてきた。
    老眼なので、これまたきつい。

    娘がロールケーキを作ろうとしたが、パウダーがはがれず、失敗した。

    母はあいかわらず、冷蔵庫の食べ物をあさっている。女房がいると怒られるため、毎夜、活動をする。今日は、透析の日だったので、抜いた水を補うかのように、食べることに執着をする。ドライウェイトより2Kも多い。透析を延長しても抜けきれない。食欲は私以上に旺盛である。車イス生活なれど元気。ここ1年半くらいは心臓に水も溜まらず、救急車を呼ぶこともない。

    痴呆や障害の家族とくらしている現実は、その家族にしかわからないものだが、老人社会となっていく近未来の現実社会は、おそろしいものとなるであろう。医療の発達と生きることへの執着はこれほどなのかと思う。

    母は私にとって、尊厳である。ゆえに、痴呆の姿は見たくはない。
    事務所に行けばいいのだが、休み中、私が家にいれば、妻も少しは気が楽になるかもしれない。また、現実も直視できる。
    面倒をみるものの苦しさ、ストレス、母のくるしさ。

    ところでブログには写真がはいるらしく、さくらでものっけてみるか。
    これもブログなるものの研究。

    子さくら

    愛犬さくら
    | お外で遊ぶ | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。