RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
<< 平成19年度税制改正に伴う所得税の通達が改正 | main | 新潟県中越沖地震に関して国税庁が情報 >>
タイヤロックで自動車差し押さえ
0
     東京都の昭島市が、市民税や都民税を滞納した男性2人に対し、所有する乗用車に「タイヤロック」を用いて差し押さえを実施したことがニュースになっています。

     国税徴収法によると、自動車などの動産を差し押さえるためには、徴収職員がその財産を占有することが必要です。

    占有とは事実上、その物を支配している状態のことをいいます。
    つまり、タイヤロックをした時点で、徴収職員はその自動車を実質的に支配したと解されるわけです。

     ちなみに、タイヤロックされた乗用車を移動した場合や隠ぺいした場合、タイヤロック等を破棄した場合は、地方税法、刑法により5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられるそうです。

     この「タイヤロック」は、都道府県では自動車税の滞納者などに対し、実際に行われている差し押さえの方法です。

    また、市町村でも「タイヤロック」による差し押さえを制度化しているところは多いようですが、実際に実施したのは全国で昭島市が初めてです。

     乗用車をロックされた男性2人は、滞納した税金を一部支払って(残額は分割納付)、タイヤロックを外してもらったとのことです。

    各都道府県でも、タイヤロックによる差し押さえは効果抜群と言っており、今後、全国的に増えてくるかもしれません。
    | タックスニュース | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。