RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
<< 平成19年7月の税務 | main | 平成18年度の査察件数は増加。脱税額は300億円 >>
年金相談が大混乱、あなたはどうする?
0
     年金に関する報道が連日過熱しています。
    そのせいか、24時間対応の年金相談フリ−ダイヤルに電話が殺到してつながらなかったり、社会保険庁の年金相談窓口に長蛇の列ができたりと、年金現場では大混乱が起こっているようです。

     確かに、自分の年金がちゃんと貰えるのか?というのは切実な問題です。また、今貰っている年金で損をしていないのかというのも気になるでしょう。

     ただ、年金の専門家などに言わせると、今、年金相談に行くのは必ずしも得策ではないそうです。

     一番心配なのは、大混乱の最中に年金相談に行くことで、さらなるミスが生じる可能性があるということ。今までが今までですから、いくら心を入れ替えたとしても社会保険庁の処理能力自体が上がっているわけではありません。
    そればかりか、人手不足でかり出されている職員の中には専門外の部署の人も多いそうです。さらに、15日夕方から2倍以上のブース数に増強された年金相談フリ−ダイヤルも、オペレータの多くは寄せ集め人員だと言われています。

     年金記録のミスは今分かっても、後で分かっても「結果的には同じこと」。
    であれば、混乱が一段落してから行った方が確実だし、何より無駄な時間がかかりません。

     また、年金記録のミスが分かっても、かならずしも貰える年金の額が増えるわけではなく、逆に減ってしまうケースも考えられるようです。

    たとえば、加給年金を受給しているような場合、下手に昔の厚生年金の記録ミスが見つかって厚生年金の被保険者期間が20年を超えてしまうと、加給年金が受給できなくなってしまいます。

    加給年金は年額最高で398,500円も受給できますから、厚生年金分が多少加算されても損になるケースの方が多いそうです。逆に、過去の加給年金分を返納する羽目にでもなったら、損得は別にしても大痛手になることは間違いありません。

     年金記録の調査が進む中で、このようなケースは少しづつ明らかになってくるはずです。年金記録の確認は「それからでも遅くはない」とのことです。
    | - | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。