RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
<< 平成18年度のイータックス利用者が急増。 | main | 経済同友会が税制提言。消費税16%や法人税引下げなど >>
メタボリック対策で健康診断にウエスト測定義務化
0
     「メタボリック症候群」については、いまだにその正当性に賛否両論があるようですが、厚生労働省やマスコミの宣伝効果?もあって既に市民権を得ているようです。

     一般的に「内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態」を「メタボリック症候群」と呼びます。

    内臓脂肪蓄積とは内蔵の肥満を意味し、この内蔵の肥満が高血圧、糖尿病、高脂血症などの疾患を引き起こす犯人だと考えられているのです。

     厚生労働省はこの「メタボリック症候群」を非常に意識しているようです。
    確かに生活習慣病と言われる高血圧、糖尿病、高脂血症が心臓疾患、脳梗塞などの血管系の病気に及ぼす影響ははっきりしています。

    生活習慣病を予防することが国民の健康を守るために重要なテーマの一つであることは間違いありませんし、増え続ける医療費を抑制する効果もあるでしょう。

     4月25日に厚生労働省の労働政策審議会が行った答申では、企業が実施する従業員の健康診断に「腹囲測定」が義務づけられることが明記されており、来年度から施行される見込みです。
    また、国民健康保険などに加入している40歳から74歳の人が受ける健診においても、来年度から腹囲測定が義務づけられます。

     なぜ腹囲測定かというと、内臓脂肪蓄積がある場合には腹囲(へそまわり径)が増える傾向があり、男性で85cm以上、女性で90cm以上あったらメタボリック症候群の疑いがあるということです。

    ただし、実際にメタボリック症候群と診断されるのには、これに加えて高血圧、糖尿病、高脂血症のうち2項目以上が該当する場合です。
    | 健康 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。