RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

税理士 川島博巳

by川島会計事務所〜インターネット会計事務所
「特定支配同族会社の役員給与の損金不算入」に断固反対します
0
    内容

    平成18年度改正大綱において、同族会社の業務を主催する役員及びそのその同族関係者等が発行済株式の総数の90%以上の株式を所有し、かつ常務に従事する役員の過半数等を占める場合には、その業務を主宰する役員に対する給与のうち給与所得控除額相当分の金額を損金に算入しない。
    ただし、その同族会社の所得等の金額(法人の所得の金額と所得の金額の計算上損金の額に算入された役員給与の額の合計額)の直前3年以内に開始する事業年度における平均額が年800万円以下である場合及びその平均額が年800万円超3000万円以下であり、かつ、その平均額に占めるその役員給与の額の割合が50%以下である場合は本措置の適用を除外する。

    つまり役員給与の額と法人所得金額との合計額が年800万円を超える場合においては、その役員給与の給与所得控除額相当を、法人の利益に加算して課税される法人の所得金額を計算するということです。

    たとえば、過去3年度 役員給与800万円 法人所得100万円で 本年度も同じだとします。
    本来は、法人税等 308,000円 が 800万円の給与所得控除額相当 200万円 ですので、100万円から300万円の課税される法人所得となり、924,100円となりなんと、616,100円の増税となります。
    これほど重税の改正がかつてあったでしょうか。これでは、中小企業は納税のためにつぶれます。

    反対理由

    1.特定の同族会社とその他の同族会社、非同族会社を区別して重税する理由がどこにあるのでしょうか。
    法人税の所得は益金から損金を引いて計算しますが、給与所得控除額相当を損金として認めない根拠がどこにあるのでしょうか。
    法人税法の根拠や会計基準からはずれることはなはだしい。一般常識からもはずれています。
    特定の同族会社のみ重税することは、課税の公平からはずれて反しています。

    2.新会社法にて資本金1円の、1人の役員でも株式会社が設立できるようになりますが、少ない資本金にての同族会社がほとんどのことと思います。経済の活性化のためでしょうが、この流れとまったく逆の方向で、中小企業の活性化に逆行しています。
    中小企業では、まだまだ景気は回復などしていません。むしろ税率を下げるべきでしょう。
    経営を苦しめる増税は許せません。
    以前は、有限会社300万円、株式会社1000万円に改正しておいて、こんどは1円でもいいとは、おかしなものです。

    3.中小企業団体等にて議論、意見などされていないで、でてきています。この不当な改正を知らない経営者の外で行われています。
    このような特定の中小企業に対する合理性も道理もない改正は、納税者の代理人である税理士として反対します。

    東京税理士会立川支部ホームページ
    http://www.tachizei.jp/06newsdetails/newsdetails.html
    「特定支配同族会社の役員給与の損金不算入」に断固反対します。
    どうか、中小企業関連団体や同業者団体などを通じて、この法案に反対する運動を起こしてくださいますようお願い申し上げます。
    | 会計事務所 | 02:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    本日より確定申告はじまる。昭島市にて無料相談会。
    0
      本日、昭島市役所にて東京税理士会立川支部の小規模事業者に対する無料相談に出席する。

      確定申告の毎年の税務行政への応援である。
      自筆申告になって何年目であろうか。我々税理士は下書きも計算も原則としてできないことになっている。

      小規模事業者となっているが、実際は。医療費控除、住宅取得控除、年の中途退職者、公的年金の確定申告ばかりである。

      自筆申告の本当にできる納税者は10人に1人である。税理士が下書きしたほうが効率もよく正確である。
      1年に1回しか記載しない人が、書けるようになるはずもなく、現実とはかけはなれた行政のやり方である。

      年金などは分離課税にすべきと個人的に思っている。ご老人に自分で記載できる人はほとんどいない。それにかつて公務員であった方が多いのも毎年のことである。

      小雨が降っていたので、初日のわりには、少ないほうであった。
      17年分の確定申告より、老年者控除50万円が廃止されたため、源泉徴収されているにもかかわらず、納税額がでた人が多かった。
      去年まで還付だったのにとなげく方が多かった。

      老人社会に向けた布石なのであろう。老人にやさしい税制ではなくなった。
      やはり分離課税にすれば、ご老人に、こんな面倒なことをさせなくてもすむものを。

      医療費控除も保険制度でホローすればいいものを確定申告にて還付する制度は、いかがなものであろうか。無駄な行政費用を使っているものと思われる。
      | 会計事務所 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      所得税の確定申告時期にいよいよはいる
      0
        2月にはいり、所得税の確定申告の時期にはいった。
        すでに何件かは終了している。

        会計事務所は、12月から3月がいそがしい。
        12月は年末調整、1月は法定調書合計票の作成、2月、3月は所得税の確定申告である。

        新サイトの立ち上げを12月に行い、アクセス数も少しずつ伸びているようである。所得税の申告関係の情報をいくつか新しく追加した。

        士業関連の新サイトの準備もようやく始まった。ポータルサイトとして、便利なサイトにしたいと思う。

        | 会計事務所 | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        所得税確定申告関係のページ作り
        0
          金曜日の夜から土日にかけて、所得税の確定申告関係のHP掲載の作成を行う。所得税の青色申告決算書の不動産所得用を仕上げてアップする。

          引き続いて所得税の確定申告書Bの書き方にはいる。第一表、第二表と表作りに時間がかかる。あとの書き方の説明をどのように作成したらよいか。まとまらない。収入金額、所得金額、所得控除、税額控除と細かく仕上げるには20〜30ページになってしまう。
          バラバラに思いつくままに部分的に作成していく。中途半端なページばかりである。これは、思ったより時間がかかる。
          また、申告書に封筒にはいっている手引きは、専門家がみてもわかりやすいとはいえない。
          ごく一般的な初心者向けの内容にするか、細部まで細かくするかによって変わってくる。
          これでは、1週間から2週間かかってしまいそうだ。
          | 会計事務所 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          明日、いや今日から3日間、税理士試験だ
          0
            8月2日〜4日は税理士試験である。
            当事務所のスタッフも本日、簿記論・財務諸表論の受験をする。

            あの懐かしい時期、ガムシャラに税理士試験のために勉強をした日々を思い出す。大変だったが、もっとも充実した日々だった。

            表面的には競争相手は受験生だが、試験は自分との戦いである。
            勉強した分だけしかえってこない。
            運など関係なく、合格の実力があれば、試験は受かるものということを知ったものである。

            寝る時間、いや寝るときまで、イヤホンにて自分の吹き込んだ理論を聞きながら寝る。朝方、聞こえてきて起きる。
            食事のときもイヤホンを聞く。トイレに条文集をおく。
            お風呂にも濡れた理論集をおく。歩いているときにもイヤホンにて。
            電車でも、理論集に眼をとおす。といった具合で、1日中勉強をしたものである。

            学生時代の比ではなく、これほど勉強した時期はなかった。
            計算問題も100点満点を10回とるまで繰り返した。
            ケアミスなどありえない。ただわからない。できないだけであると実感した。命をけずる思いで勉強をしたものである。
            瞬間に手が動く。条件反射のように問題を一気に解いていく。
            これほど爽快なものはないといった気持ちになれたものもない。

            しかし、落ちていたときは、ケアミスだ。こんな問題ありえないとか、
            ろくすっぽ勉強もしないで言っていた。
            本気で勉強して落ちて、初めて、こりゃ大変な試験だと感じる。

            試験は能力×時間数である。能力が低ければ、時間をかけなければならない。能力が低かったので人の3倍勉強した。

            昨年1年間は慶応大学院で補佐人講座、今年はJavaのプログラムといつになったら勉強しないですむのか。
            この歳で本当に自分のやりたいことを見つけたツケである。職業選択は若ければ、若いときほどいい。
            本当にやりたいことを見つけるまで考えてに考えて選択、努力すべきものといまさらに実感する。

            税理士という本業を離れることは、いまさらできはしないだろうが、インターネットはそれほど私には魅力的であり、1日中やってても、まったく苦にならない。
            私の仕事は、顧問先の売上をインターネットパワーを駆使して拡大すること。その代わりに会計は顧問先にやってと言っている自分がいる。
            | 会計事務所 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            今週はバタバタしている
            0
              気ぜわしくいろいろある週である。
              明日は、中小企業再生事業団の委員と会うことになっている。
              この制度にいろいろと疑問もあり、あまりいい感じはしない。

              東京都商工会連合会の倒産防止事業の専門スタッフを依頼されてから5年くらいになろうか。逆の立場での対応である。
              17年度の税制改正で若干変わったが(本日付けの国税庁新着情報)、実態貸借対照表を協議員には作れないであろう。
              結局、こちらで作成することになるのであろうか。
              国の政策事業なのに、協議委員に報酬を支払う。しかも、何百万円単位である。成功報酬と不成功では金額が違う。おかしな話である。
              机上にての公認会計士になにがわかるだろうか。わかるはずもない。
              でもされる側はマナ板の鯉である。

              日曜は会社設立依頼の件で夕方に用事あり、話の内容があまり気乗りはしない。来週もバタバタしそうだ。
              火曜日には、ネット関連事業において顧問先相互のひきあわせ、お互いにメリットになりそうである。

              早く、自分のネット事業に専念したいが、なかなかできない。
              時間のたつのが早い。
              | 会計事務所 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              夏休みはいつにしようか
              0
                事務所の夏休みをどうしょうかと作日スタッフと相談する。
                ネットでしらべたところ平均7.何日とか。

                まだ、はっきり決めてはいないが、8月13〜15日とし、個人個人で別に3日〜4日を7月、8月にて選択するようにしようか迷う。
                例年連続7〜8日にしているが、以前フリーにしたら、土日をはさんで1日ずつ選択されてめちゃくちゃになってしまった苦い思いがある。
                12日〜15日とし、2日別としようか。

                日本もヨーロッパと同じように社会全体が長期の夏休みをとるような風土なら問題はないが、そうはいかないのが世の中でもある。
                全体で同一夏休みとするのがやはり無難であろう。

                個人的には、夏休みほどやりたい仕事ができるので、例年、家庭の事情もあり、ここ3〜4年休んだことはないが。
                | 会計事務所 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ようやく車購入が決まる
                0
                  軽自動車の購入がやっと決まる。
                  いろいろと乗り比べた結果、迷って決める。
                  安いだけできめなかったが、結局は衝動買いに近かった。

                  本日、契約する。現在の業務用の普通車は廃車となる。
                  顧問先へのネットマーケティングの効果がかなり出てきている。
                  売上げを伸ばすことはそれほど難しいことではないが、サイトにその会社の実力があらわれていないとダメである。

                  ヤフーがやっと回復した。データベースへ再度登録されたようだ、昨日から
                  弊社サイトのアクセス数が増加している。
                  弥生会計05の導入設定・入力方法をアップする。
                  だいぶおくれたアップになってしまった。
                  アクセスも回復するであろう。
                  日に全ページビュアーが50000に戻る日も近いだろうか。
                  ヤフーのデータベースより消えてから半減してしまったので、アフィリエイト収入も半減どころか、3割近くまで落ちてしまっていたので、さてどうなるか。

                  顧問先の売上げもどんどん伸ばさねばならない。
                  いくら時間があっても足りない。
                  何か、会計事務所でなくなってきた感がある。


                  | 会計事務所 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  税務署より医療費控除の件
                  0
                    先日、税務署より、ある医療費控除の中身についての問い合わせがあり、2週間ほどで結着がつく。是認である。

                    東京より長野の病院に車で通院の件で、高速代とガソリン代の問い合わせである。
                    なぜ、長野まで行くのか、病状はと。
                    長野の病院へも病状の確認をしている。

                    個人的には、医療費控除は税金でしないほうがよいと思っている。
                    健康保険内で行うほうが合理的と思う。しかも平等に。
                    毎年、確定申告は医療費控除、年金が圧倒的多数、中途退職の還付の数がかなりある。これらをなくせば、かなりの手数がなくなる。

                    医療費控除は健康保険で行い、年金は確定申告のない源泉徴収ないし、非課税が妥当、給与は毎月の源泉徴収内で終わらせ、年末調整をしないようにするのがよいと思う。一律10%でもよいのでは。

                    給与所得に対する給与所得控除をはじめとする各種控除の圧縮が論議されている。一般の人にわからない給与所得控除はなくすのは、賛成である。
                    そのかわり、税率をさげればよい。
                    また、保険料控除などの各種控除は配偶者控除・扶養控除以外をなくせばよいと思う。

                    住宅取得特別控除、これも確定申告を最初の年にするが、申告しないと控除はないものである。これも廃止する。
                    やるなら固定資産税ないし毎月の源泉徴収にて一定額を減額すればすむことである。

                    一般の人にもわかりやすいように簡単にすべきが税金ではないだろうか。
                    税金の種類の統合化により小さな政府が作れる。お金のかからない行政ができるのでは。

                    いっそのこと消費税法一本でもよい。仮に10%のみでもよいと思う。
                    購入時に支払い、預かったところがまるまる10%を翌月10日までに国庫に納付するシステムにすればよい。国民総生産の10%が理論的には税金として納付されることになる。10%で国や地方が運営できないはずはないと思うが。いずれ、購入時に自動的に国庫に納付するシステムはできないことはないと思われる。
                    国民の合意を得て、仮に10%を上げるときは0.1%単位で上下すればよい。
                    厚生年金、国民年金、健康保険もすべて税金でまかなえばよい。
                    年金の給付は、すべて同じ金額にし、もっと老後にほしい人は国民年金基金
                    のように、本人負担の老後貯蓄年金制度みたいなもので補えばよいと思う。

                    いずれにせよ、誰でもわかる簡素化、統合化すべきだと思うが。
                    税金のための手間はなにも生産は生まない。
                    税理士の職業はなくなるだろうが。
                    | 会計事務所 | 02:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    人を使いたくもない、人に使われたくもない
                    0
                      以前、ある税理士の先輩が、あなたのように優秀な方がどうして一人でやっているのですかと質問したことがあった。
                      その方は、「人を使いたくもないし、人に使われたくもない」と言っていた。
                      その気持ちが今はよくわかる。しかし、もどることもできない。
                      ある昔の本で、どなたが書かれたか忘れてしまったが、
                      「人を使うは苦を使う」という言葉がある。
                      人を使うということは、苦労を買うということである。

                      顧問先の社長がみえる。温和な方である。いわゆる、借入して人件費を支払っている。リストラは今、一段落したかにみえるが、本当のリストラは官民ともこれからではとの感がある。
                      人を雇うのは、人を解雇するより簡単なことである。
                      人を育てるのは、大変なこと。育ててはやめられ、その繰り返しである。

                      経営者は雇うときには選ぶ権利があるが、社員の任意退職については社員の自由である。新人は何年かは使いものにならない。
                      学校へは授業料を支払っても、企業には授業料は支払わず、教えてもらって
                      給料をもらっている。
                      社会教育を受けてはいない。高校・大学では、仕事をするという社会教育(道徳)についてはなされていないのが実態のようである。
                      企業が肩代わりしているのが、実際である。もちろん、親ですらその教育はできないようである。
                      いわゆる挨拶からはじまる常識、責任感、仕事とは「始末」をつけることの意味を知らない。教えてもらうことになれた世代には、創造はできない。
                      模倣だけである。

                      教師は子供をなぐれない。なぐれば、保護者がどなりこんでくるという。
                      世の中、やわな人間を作っている。
                      | 会計事務所 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |